霊園はとにかく日当たりがよくて風通しや水はけのよい所がベスト

生前にお墓を建てておく人が多くなってきた現在、その前に素晴らしい霊園を探しておかなければいけません。
予算面やアクセス性などをしっかりと考えて自分にとって理想的な霊園を探しましょう。 ほとんど霊園のことについて情報収集をしないで交通の便だけで決めてしまうのは少々危険です。
実際に購入したら、全く管理が行き届いていないような霊園だったということもありますので、後々苦労をしてしまうことになります。
霊園はとにかく日当たりがよくて、風通しや水はけのよい所がベストな場所と言えるでしょう。
水はけは納骨室が地下にある場合には、納骨されたご遺骨が清浄な状態に保つことが出来るかどうかに関わってきますので十分チェックしておきましょう。

 

霊園の運営状況や管理体制も重要なものであり、ポイントは墓地の掃除がしっかりと行われているかどうかということです。
また墓参道具の整理整頓や植え込みや芝の手入れ、さらには係員の対応などを確認しておきましょう。



霊園はとにかく日当たりがよくて風通しや水はけのよい所がベストブログ:2022-01-28

オレ達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたがお子さんができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの父母も、
段々とお子さんの話題を
オレ達の前で出さないようになっていきました。

当時のオレは、実のところ、
お子さんが欲しいと思っていませんでした。

小さいお子さんをどう扱っていいかわからなかったし、
何より、お子さんが生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
お子さんが欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった父母には
オレ達お子さんの面倒をみる余裕がありませんでした。

それをお子さん心に
「父母に愛されていないオレは、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
お子さんを愛さない父母はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
お子さん達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分のお子さんがいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
お子さんを妊娠したと妻から報告を受けたのは…

妻は電話口で泣いていました。
今振り返れば、妻もまた、オレと同じように自分を責めていて、
オレの思いは知らぬ間に妻の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。


ホーム サイトマップ