自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然

現在、日本全国に素晴らしい霊園があり、きっと貴方が住んでいる近所にも霊園があることでしょう。
しかし霊園だったらどこでも良いというワケではなく、様々なポイントを考慮して選ぶ必要があるのです。 霊園の購入を考えているのでしたら、なるべく自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然のことです。
設備が充実をしていない霊園を購入してしまいますと後々後悔してしまうことになるのでご注意ください。
霊園や墓地の設備についてですが、駐車場や水道施設は最低限備わっていることは大切となります。
またその他にも、法要施設や送迎バス、または休憩所、生花・線香を販売している売店などがあればさらに充実している霊園ということになります。

 

階段以外に移動をする方法が用意されていない霊園の場合におきましては、お年寄りや車椅子の方などが大変になります。
最近では霊園内を平坦設計にしてバリアフリーの霊園も多くありますので選んでみるのも良いかもしれません。



自分にとりまして必要な設備が完備されている霊園を求めたいのは当然ブログ:2021-12-26

家内がPTAの副会長をしていた頃には、
僕は副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりで僕が会長になったとき、
家内が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の朝、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前の僕なら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

お子さんの頃、両親に内緒で危ない冒険をしたとき、
両親には筒抜けであった経験があります。

両親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて両親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子さんにとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子さんを知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今のお子さんたちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
両親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
両親たちがお子さんたちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。

ホーム サイトマップ